旅行

個別かカードか

長い期間なら

説明

海外旅行や仕事で海外生活をするときにはいざというときの不安がつきまといます。海外では日本の保険証を利用することができないために、実費負担となり医療機関にかかると多額の費用がかかります。 海外旅行保険は、そんな医療費を旅行期間中のみ負担してくれるものでいざというときに非常に便利なものです。しかし、毎回毎回加入しているのでは頻繁に海外に行く人にとっては負担になります。 そこで比較されるのがクレジットカードについている海外旅行保険です。クレジットカードの中には海外旅行保険が付帯されているものがあり、これは年会費を支払えば保険適用になることが多くあります。毎回加入する手間もないことから、1回1回の加入型とよく比較されます。

価格を調べる

海外旅行保険に加入するときには価格をしっかりと調べてくことが大切です。毎回の加入型は1回1回は安いものの何日もと日数が伸びると高くなっていきます。一方でクレジットカード付帯は年会費はかかるもののそれ以上の請求をされることがないメリットがあります。この点を比較しながら選択するのがよいです。 もう1つの比較のポイントとして知っておきたいのが保険の範囲です。海外旅行保険には、治療費以外にも携行品の破損に関する補償や航空機の遅延に関する補償などがついています。これらも海外旅行ではありえるトラブルであり、実際に実費を支払うとなるとかなりの費用になります。こうした付帯されている保険も考慮して比較することが大切です。

相続税対策は重要

説明

相続税対策の必要性が平成27年の税制改正により高まっており、節税対策の一つとして生命保険による節税対策に注目が集まっており人気です。注意をしたいのはあくまで生命保険であるため、その加入条件に健康状態や年齢が影響してくるので早めの加入を考える必要があるのです。

詳細を確認する...

利益を残したい

考える男性

各企業決算時には節税対策の対応に頭を痛めています。すこしでも利益を残したいという経営者には保険の掛け金が全額損金決済できる商品が出てきています。この保険は解約返戻金の返戻率が高く、とても貯蓄性が高い保険になっています。

詳細を確認する...

保険の見直しについて

電卓を持つ手

いざという時に加入する「保険」。人生には「保険見直し」というタイミングがあります。そのタイミングで保険を見直すことで、保険料負担を減らすことも可能です。様々な保険を取り扱っている保険販売店に依頼することで、色々な種類の保険と比べられます。そのような店は全国各地にあり、愛知県にも存在しています。

詳細を確認する...